ビジネス英文メール例文

返事を先延ばしにする表現

ビジネスを円滑に進めるため、とりあえず意見をはっきりと言わず、

 

先延ばしにするのも大事なスキルです。

 

英文メールではどのように表現すればよいでしょうか?

 

「I understand that you want me to grant you permission to

 

use our article for your training seminar.

 

However, I am afraid that I can't give an answer right now

 

because I don't know anything about your company,

 

and I need more information to consider your request.

 

(弊社の記事をセミナーで使用されたいとのことですが、

 

貴社について私は何も知らないため即答することは困難です。

 

考慮するにはもう少し資料が必要です)」

 

と書けば、返事をやんわりと先延ばしにすることができるでしょう。

 

別の表現として、

 

「As to the date for our next negotiation, we haven't come up with a particular date

 

because I haven't had enough time to explain several pending issues to my superior

 

(次回交渉の日時ですが、懸案事項について上司に説明する時間が十分になかったため、

 

まだ日時を特定するにいたっておりません。)」

 

という言い方も覚えておくと便利です。

 

 

また、「上司と相談する必要がある」は「I need to consult my manager」、

 

「チーム内で共有後返答する」は「I will share and update my team,and reply to you」、

 

「社内協議が必要なためすぐにご連絡をとることはできないと思います」は

 

「Since we need an internal discussion, I am afraid that I can't get back to you soon」

 

となります。

 

いずれも覚えておくと活用できる表現だと思います。

 

また、「できるだけ早くお返事するようにします」は

 

「I will try replying to you as soon as possible」です。



 
英文メールの基礎 出張・予約に関する例文 ビジネスで役立つ例文 便利な例文