ビジネス英文メール例文

付け加える表現

自分が以前相手に送ったメールに対して言及したり、

 

続報を送るときなどの英語での言い回しを知っておくと便利です。

 

特に英語圏では、まめに情報の共有やアップデートをおこなうためにメールをやりとりすることが多いので、知っておくと便利だと思います。

 

「This is just a follow-up to the message I sent earlier on November 24th.

 

(これは11/24付けでお送りしたメールに対するフォローアップです)」

 

と前置きしたうえで、以前送ったメールの内容を更新したり、あるいは相手の返事をやんわりと催促することもできます。

 

「その後どうなりましたか?」と日本語で言う感覚です。

 

 

「This is just a follow-up mail to my email sent to you yesterday,

 

clarifying a few things.

 

(昨日お送りしたメールの続報です。2つ3つの点を整理させてください)」

 

という書き方で、より内容を詳しく明記して送りなおすときに便利です。

 

 

また、

 

「This brief email is to follow-up to remind you that we want you

 

to keep us posted as to any developments

 

(何か進展がありましたら、ご連絡いただきたいと思っておりますことをお知らせしたく、

 

このメールを続報としてお送りしております)」

 

などという使い方もできて、follow-upという英単語はとても便利です。

 

 

またリマインドしたいことがある場合は

 

「This is just a friendly reminder to...」と前置きしておくと、やわらかい表現になります。



 
英文メールの基礎 出張・予約に関する例文 ビジネスで役立つ例文 便利な例文